>

物を売る仕事

安く仕入れて高く売る

岩松氏が成功した、物販という仕事は、商品を安く仕入れて高く売る、という一般的な方法です。
物をつくる時にかかるコスト、流通させるコスト、販売時のコストをそれぞれ価格に載せていって、最終的に消費者である私たちの手に渡る価格が決まっていきます。
売値からコストを差し引いた額が利益になることは誰もが知っていると思いますが、商品に対して妥当な金額でなければ私達消費者が買おうとしなくなりますので、利益になる部分で調整することが必要になってきます。
岩松氏は物に対する購入者の心理をついています。
取扱う商品は、その物の価値だけでなく付加価値を付けて売っているためです。
そうすることで商品自体の魅力と価値を上げていけば、利益が上がるわけです。

具体的にどうするのか

もちろん、その商品がとても良いものであるという事が前提ですが、この先にいかに需要が高くなるかというのが重要なポイントです。
そのため、市場の情報に敏感にならなければいけません。
流行の兆し、業界の動向、企業の動向など、細かく見ていくことで情報を得ることができます。
○○が人気で在庫がない、ネットオークションサイトに出品されている、という話を聞いたことがありませんか。
人気が出る前に在庫を抑え、人気が出て消費者需要が高くなった頃に売りに出すため、こうしたことが起こります。
その時に定価より高めに販売していたとしても、「他では見つからないかもしれない」「もう手に入るチャンスはないかもしれない」という心理から、購入するのです。



ページ
Topへ