>

起業する方法を学ぼう

信頼できる知り合いに相談しよう

起業する際に、知り合いから資金を借りる人が見られます。
それは構いませんが、信頼できる知り合いに限定してください。
あまり親しくない人に相談してもお金を貸してくれないでしょうし、借りられたとしても後からトラブルが起こります。
知り合いから借りる際は、契約書などを書いて置くのがおすすめです。

口約束だけでは、返済に関するトラブルが起こります。
返済が滞らないよう計画的に返済してください。
返済が遅れると、知り合いからの信頼を失います。
どうしてもお金を貸してもらえない場合は金融機関を頼る方法もあるので、無理に頼み込まないでください。
しつこくお金を催促すると、嫌われてしまいます。
ダメだと言われたら、諦めましょう。

金融機関から借りる方法

知り合いに頼んでも資金調達ができなかった際は、金融機関を利用してください。
しかし誰でも借りられるわけではく、最初に審査を通過します。
返済できる人だと判断されたら、資金を無事に貸してもらえます。
金融機関に申し込む前に、審査を通過しやすくするコツを調べてください。
まず、必要以上にお金を借りないことです。

借りる金額が増えると、返済が難しくなるので審査も厳しくなります。
経営している時に足りなくなると困りますが、本当に必要な金額を見極めて借りてください。
返済計画を、具体的に説明することも有効です。
計画がきちんとあるなら、それに沿って返済すれば良いので金融機関に安心感を与えられます。
審査が簡単だと言われる金融機関を使っても良いでしょう。



ページ
Topへ